銀行カードローンのお借入極度額で設定範囲に注意!

銀行カードローンのお借入極度額で設定範囲に注意!

銀行カードローンは、大手消費者金融のカードローンに比べると上限金利が約3%ほど低いことから、総返済額が少なくなるという特徴があります。ですが、設定金利の低さや保証会社のタイプにより審査難易度にも差があり、契約することは難しいカードローンになります。

設定金利が低い分、融資リスクが低い申込者を対象とするため、他社借入が多い人やクレジットカード会社の利用残高が多い人などは契約は難しくなります。ですが、カードローンではお借入極度額に注意することも重要です。

銀行カードローンのお借入極度額は、銀行および商品により様々です。似通ったカードローンでも、100万円までは10万円毎にお借入極度額が設定されるものから、30万円や50万円と限度枠が広くなるものもあります。

ここで注目しなければならないこととして、この設定枠が小刻みにある場合の方が審査通過の可能性は高めになります。信用度や返済能力が限度枠に伴い難いカードローンに比べ、少額での設定が可能なものは、柔軟性が残ります。

特に新社会人、パートやアルバイトの場合においては、金利設定が同じで保証会社も同じカードローンが複数選択しになった場合は、お借入極度額の選択肢が多い方が契約出来る可能性があることを認識しておくことがポイントになります。