借り入れ可能額は「信頼」の証 収入が増えたら増額申し込みも選択肢に

借り入れ可能額は「信頼」の証 収入が増えたら増額申し込みも選択肢に

仕事をしていく中で、周りから評価されるようになってくると年収も増加していき、何かの理由でお金を借りた時に示される限度額もまた増えていきます。いわゆる総量規制は「年収の3分の1」を限度にしているので、収入が増せば限度が増えるのも必然ですが、元々キャッシングをしていた、実際にはお金を借りていないが枠を作っておいたという場合は、その総量規制よりもずっと低い貸し出し額のままということが少なくありません。

もちろん、同じ年収の三分の一が限度と言っても、失業などのアクシデントがあれば、元金の額が多いほど返済するのは難しくなっていきますが、実際に借りるかどうかは別にしても、「もしも」の時のために力を貸してくれる額が多い方が心強いのも当然です。転職や出世などで収入が増したら、増額申し込みも積極的に考えていいかも知れません。