専業主婦でも借りられるキャッシング・カードローンは

専業主婦でも借りられるキャッシング・カードローンは

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの枠があります。キャッシング枠ではお金を借りることが出来ますが、ショッピング枠の一部となっているクレジットカードが多いです。

ショッピング枠をメインに使う方がほとんどでしょうから、キャッシング枠をゼロまたは10万円ほどと低めに設定している方は多いと思います。そんなときに10万円以上のお金が必要になってもキャッシング枠だけでは賄いきれないです。

そこでキャッシング・カードローンにお申込みすることになりますが、アルバイトでもパートでも良いので安定した収入があれば審査に合格しやすいです。収入が少なくても良いので安定していると言うところがポイントです。

しかし主婦の方だと状況によって審査合格・不合格と分かれてしまうので注意が必要です。アルバイトやパートなどで安定した収入のある主婦の方なら問題なくキャッシング・カードローンをご利用できます。問題になるのは収入の無い専業主婦の方です。

もし収入の無い人にお金を貸付すると後で滞納されるリスクが高くなるのでキャッシング・カードローンでは審査不合格にしてしまいます。専業主婦の方はご家庭の家事や育児に専念していますので、安定した収入は得られていない状況であることが多いです。しかしどこからもお金を借りられないと言うわけではなく、配偶者の方に安定した収入があれば審査に合格するキャッシング・カードローンがあります。

大手の消費者金融では配偶者の方に安定した収入があっても、専業主婦の方にはお金を貸してくれないことが多いのでこちらは避けてお申込みします。狙い目は中小の消費者金融、または銀行のカードローンです。

専業主婦の方が中小の消費者金融からお金を借りるにはある条件が設定されていることが多いです。それは配偶者の方の同意を得たうえで、婚姻関係を証明できる書類を提出することです。しかし専業主婦の方が配偶者の方にお金が足りないので中小の消費者金融から借りたいと言っても、中々同意してくれることが少ないです。婚姻関係を証明できる書類を準備できないときもご利用が出来ないです。

そんなときでも銀行のカードローンなら配偶者の方の同意も婚姻関係を証明できる書類も必要ないです。銀行のカードローンは消費者金融やクレジットカードのキャッシングより金利が低く、ご利用限度額も高いのでより有利な条件でお金を借りることが出来ます。しかし専業主婦の方の場合はご利用限度額は30万円50万円に設定されることが多いです。

まとまった金額を借りることは出来ませんが、専業主婦の方の生活資金や買い物資金、旅費くらいの用途なら足りるはずです。設定されたご利用限度額の範囲で繰り返しお金を借りることが出来ます。繰り返しお金を借りても再審査を受けることは無く、月々お金が足りなくなる場合が多い専業主婦の方でも大変便利です。ご利用限度額が低いために配偶者の方の収入証明書類の提出も求められないです。

専業主婦の方の運転免許証やパスポートなど本人確認書類のみでお申込みが可能です。担保や連帯保証人も不要なので手続きも簡単です。その代わりに銀行のカードローンで返済を滞納してしまうと銀行から保証会社に債権者が移る代位弁済が実行されることがあります。

収入の無い専業主婦の方がお金を借りると、その返済は配偶者の方の収入に頼ることになるので十分無理のない返済プランを立てて下さい。