初めてキャッシングを利用するときは総量規制は関係ない

初めてキャッシングを利用するときは総量規制は関係ない

初めてキャッシングを利用するときには、総量規制は関係なくお金を借りることができます。

総量規制というのは、簡単に言うとその人が借りることができる融資の限度額を定めた規制のことを意味します。

例えば、銀行で住宅ローンなどを利用するときには数百万円から数千万円という大きなお金を借りることができます。

なぜこれだけ大きなお金を借りることができるのかというと、融資の限度額に関する規制がないからです。

キャッシングの場合は、少額融資にこだわってサービスを提供していますので法律的にも融資の限度額が設定されます。

その限度額の基準を定めているのが、総量規制なのです。

総量規制はあくまでも限度額を決めるための規制であるため、初めてキャッシングをする人に対して影響を与えることはありません。

条件を満たしていれば必ずお金を借りることができます。

では、具体的に総量規制というのはどのような基準で限度額を決めているのでしょうか。

これは非常にわかりやすい基準で、融資の申し込みにやってきた本人の年収の三分の一を限度として設定しています。

つまり、300万円の年収を持っている人ならば100万円を限度としてキャッシングをすることができるわけです。

特長的なのが、この100万円という限度額は一社に限られないことです。

例えば、Aという会社で70万円のお金を既にキャッシングで借りていたとしてもBという会社で30万円のお金を借りることができます。

限度額の100万円というのは、すべての会社の合計金額を含めたもののことを意味しますので限度額に到達していないのならば必ずお金を借りることができます。

これは、法律によってきちんと認められていることです。

そのため、初めてキャッシングをする人はまず自身の年収がどの程度あるのかをしっかりと把握しなくてはいけません。

また、総量規制のおかげでアルバイトやパートと言った正社員ではない人もお金を借りることができます。

銀行で大きな融資を受け取るためには、正社員で一定以上のお金を稼いでおかなくてはいけません。

これは、審査条件としてそのような基準が設けられているからです。

ところが、キャッシングの場合は総量規制によって限度額を設定することができれば低収入であってもお金を借りることが可能です。

実際、キャッシングは一度の融資で10万円程度のお金からでも借りることができます。

学生専門のキャッシング会社も用意されているくらいなので、お金を借りる際の条件が甘いのです。

総量規制は、キャッシングというサービスに対してのみ適用される規制であるため銀行のサービスには適用されないという側面があります。

キャッシングと大口の融資の違いは、この規制が適用されるかどうかにありますのでそうした基準でサービスを比較するとどのサービスが使いやすいのかがわかりやすくなります。

このように、初めてキャッシングを利用するときには総量規制があったとしても容易にお金を借りることができるのです。