キャッシングの申込みでは他社の登録情報と合わせよう

キャッシングの申込みでは他社の登録情報と合わせよう

キャッシングの申込み先には、消費者金融だけでなく銀行カードローンもあります。仮審査で通過しても本審査で落ちることがあるのは、他社からの借入やクレジットカードを持っているケースほど登録情報に原因がある可能性が高いです。本審査に進んだ段階で、加盟している個人信用情報機関へ貸金業者は信用情報照会を行い、登録されている情報と申込書に記載されている情報にズレが無いか確認します。

整合性が取れない情報が個人信用情報機関へ登録されていると、嘘をついている申込者として慎重な審査に切り替わってしまう傾向があるので要注意です。個人信用情報機関への開示請求は、本人が指定の様式で申請を行なうだけで手元に開示されるので、遠方ならば郵送請求を行なってみると良いでしょう。

事実と異なる登録がされていたり、現在使用しているクレジットカード会社へ届け出ている内容と異なる場合には、現在の加盟先へ勤務先情報などの修正を行なって、個人信用情報機関へ反映されたことを確認してから新しいキャッシング申し込みを行なう必要があります。

個人信用情報機関に全く問題が無い状態で、貸金業法に定められた総量規制にも引っ掛からない場合には、別の原因を考えなければならない状況となるでしょう。